• yumiko So

密展 mitsuten

タイトル 「ソとミの間」

2020年10月27日~11月1日

京都 同時代ギャラリーにて開催の「密展」に出品しています。

ステイトメント


「ソとミの間に 」

ソは疎で

ミは密で。

ソは空のソか?

そしたら空はクウ?

クウは一切皆空・諸法無我だろうかと思考が続く。

そしたら密は何だろう。

三木清は

「孤独は山になく、街にある。一人の人間にあるのではなく、

大勢の人間の「間」にあるのである。」って言葉を残してたのを思い出す。

一緒にいるからハッピーとは限らない。なんたって、人間は四六時中

煩悩のかたまりだから…。もちろん私もそんななかのひとり。

新型コロナウィルスという「異」なる存在と出会い、右往左往しているうちに

一年が過ぎようとしている。「思いもよらぬ」事態を経験しつづけている。

私たちはいつもそうやって、偶然性に影響を受けながら生きている。

だって、私たちはそういう存在だから。常に動いている存在だから。

その中で自分たちの都合に良い事も悪い事も経験する。

そしてそれに振り回される。

だからこそ、変わらず静かに落ち着いた世界に憧れる。

だけど、憧れる世界にはなぜかずっといられない。不思議。

ここまで読んでくださった方に感謝します。

私の作品コンセプトは以下のキーワードから連想してください。

偶有性

仏教的世界観

イノベーション

ブリコラージュ・あるもん

インタラクティブ

浄土と穢土

人間とは

藝と芸は違う

藝とculture

閲覧数:68回0件のコメント

最新記事

すべて表示